長島一由衆院議員の素行は、まともな方がおかしい件について

 だって、前から&いつもおかしいじゃん。急にまともになったら、却って不安になりますよ。

 ともあれ、セクハラスキャンダルの件はともかくとして、神奈川県の党勢大崩れの張本人のこいつを、民主党のお歴々は自由に泳がせ過ぎだと思うがな。たまには蹴りの一つを入れるのも、「見栄えがいいだけで中身の出来が悪いイヌ」を躾けるには有効だよ?。

民主・長島議員、震災対応中にボート 「横暴、なぜ」住民批判

 東日本大震災で政府が対応に追われる中、民主党の長島一由衆院議員(神奈川4区)が、神奈川県葉山町の海岸に趣味のボートを持ち込み、修理などをしていたとして住民の批判を浴びていることが5日、分かった。ボートを運ぶ際、ミニバイクで牽引(けんいん)していたといい、道交法施行細則に抵触する恐れもある。

 地元住民や長島氏によると、長島氏は今月2日と4日、葉山町の小浜海岸を訪れ、船外機付きの2人乗りボートを海に浮かべるなどした。

 同海岸はマナーの悪い利用者が絶えず、住民が県に要請して3月上旬、海岸に下りるスロープに車止めを設置。ボートや水上バイクの持ち込みができないようになっていた。

 ところが、長島氏は3月下旬、県に対し「住民への周知が足りない」などと電話で抗議。4月1日、県が車止めを撤去したのを確認した後、2日間にわたりボートを浜に持ち込んだという。

 長島氏はボートを持ち込む際、排気量50cc以下のミニバイクで牽引。海岸沿いのバス通りなどを走ったというが、県公安委員会が定める道交法施行細則では、交通量の多い道路での牽引を禁じている。

 同海岸はヨット利用の拠点となる葉山港に隣接するが、同港は震災の影響で、レスキュー艇の燃料確保が困難になったとして、3月30日まで利用の自粛を要請しており、地元住民からは「国会議員の地位を利用した横暴」「震災で大変なときになぜ」などと批判の声が出ている。

 長島氏は産経新聞の取材に対し「ボートの修理のためであり、遊び目的ではなかった。公務の合間を縫って海にいたのは15分程度で、救命の全国組織にも登録を申請。人命救助にも役立つと思った。ミニバイクでの牽引も交通量の少ない時間を見計らった」としている。

 長島氏は前逗子市長で、現在1期目。震災では民主党の福島県対策室の副責任者を務めている。

(4月6日 産経新聞)

 まあ、産経新聞もこんなの追っ掛けている暇があったら、菅総理「大連立構想・二度目の挫折」の裏事情を、復興予算の枠組み駆け引き込みで語る位やって欲しいもんだけどね。

 ここで「【手描き】ミルキィのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」を紹介。


D

コーデリアさんの扱いが酷過ぎる(笑)。それはそれとして、「スイートプリキュア♪」第8話の視聴率4.6%か…オタ的には、そこそこ観れたんだけど、やっぱりスタートダッシュの失敗と小さなお友達に受ける要素が少ないという欠点(おぃ)、そして震災で自粛していたグッズCMの影響が、ボディーブローのように効いてきているのかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です