金正日総書記の暗殺阻止と発表=韓国情報機関関与を主張-北朝鮮

 普段の北朝鮮なら流すようなニュースじゃないですよね、これ。「暗殺未遂事件発生=まだ将軍様は御存命」と聞き手に連想させ、各地で流布している「将軍様は既に死亡している説」を打ち消すために、北朝鮮当局が流しているブラフ情報と見るのが妥当と見ますが…さてさて。

 【ソウル18日時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の国家安全保衛部スポークスマンは18日、金正日労働党総書記を標的にしたテロ計画を摘発し、暗殺を未然に阻止したと発表した。韓国の情報機関が関与していたと主張している。朝鮮通信(東京)が伝えた。

 金正日総書記の安全にかかわる情報を北朝鮮が発表するのは極めて異例。同スポークスマンは、今年初めに北朝鮮から脱出し中国国境地帯に潜伏していた脱北者を韓国の情報機関が訓練したと主張。「総書記の移動を追跡するための装置や劇薬、毒薬」を与え、北朝鮮に再潜入させたと述べている。

(12月18日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です