週刊ビッグコミックスピリッツ24号(2013年) ~ 「粋なお酒の飲み方が出来る妙齢の女性は世界の宝」

 今週の「くーねるまるた」@高尾じんぐ。古き日本文化=草鞋作りを出発点に、藁→手作り「静岡鰹のタタキ」、草鞋→泉鏡花→石川県→日本酒「天狗舞」「菊姫」と来て、静岡・富士山と石川・白山との背比べになぞらえて、鰹のタタキと石川のお酒の美味しさ比べというオチに持ってくる展開の見事さ。

 信じられるか?。これだけの内容を、たった6ページで描ききっているんだぜ?。マルタさんはじめ、登場するお嬢さんたちは皆魅力的だし、作者の高尾じんぐの実力、まさに恐るべし。

 今回は、「くーねるまるた」以外にも「あさひなぐ」@こざき亜衣や「花もて語れ」@片岡ユキヲといったお気に入り作品が、おっぱい描写込みでいい展開だったので満足。

 満足したから今から寝ます。…お酒、呑みたいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です