議会造反

 公的資金を投入して金融機関から不良資産を買い取ることを目的にした、米国の緊急経済安定化法案。米政府並びに共和・民主両党TOPの調整もすんでいざ下院で採決の段になったところ、現場議員の造反多数で否決。ダウ工業株30種平均は前週末終値比777ドル安と、史上最大の下げ幅を記録。

 多くの議員が造反した理由は、75兆円とも言われる税金を金融機関救済のために突っ込むことに納税者(≒有権者)の多くが反対しており、11月の選挙直前と言うこの時期、法案賛成票を投じるには腰が引けまくったからのようですね。彼らの弱腰に対して批判落胆するのは簡単ですが、何と言うか、アレだ。「どこの議員先生も同じだね」。

今日の一銘柄

  • ウェザーニューズ(4825):民間気象情報サービスで世界最大手。自治体や企業、個人向けにも展開。中間業績好調につき、8月末に続いて、再度注目。9/30終値は前日比52円安の1,429円。10月第3週中の目標株価1,570円。向こう半年間の目標株価1,800円。

 ここで脈絡アリアリで「はいてないようせい full」を紹介。


D

はてなようせいの怪進撃は、どこまで続くのか?(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です