言わなくていいこと言って自滅する政治家多過ぎな件について

 言葉尻狙い&揚げ足取りのマスコミの存在もさることながら、そいつらが狙っていることは百も承知だろうに、なんでこうお馬鹿な自爆する「知識はあっても知性に欠ける」人が多いのかね。今の政治家さんって。

小川法相「裁判官は退屈、選挙で取り返した」

 小川法相は11日、母校の立教大学(東京・池袋)で行われたシンポジウムに出席し、「(裁判官をしていた)3年間は退屈でもったいなかったが、選挙の際、『元裁判官』ということで大変に評価が高く、全てを取り返した」と述べた。国民に裁判員への負担を求める中、裁判官の仕事を軽んじ、選挙の際に肩書を利用したとの批判を浴びそうだ。

 シンポジウムは「現代社会と司法の役割」をテーマに、同大生らが参加。法相は「裁判官は、責任があって大変大切な職業」としつつ、1998年の参院選に立候補した際のことを振り返り、「元裁判官の一言で、小川敏夫は清潔な人だろうと思っていただける。裁判官に対する信用が高いということの表れだ」と述べた。

(5月12日 読売新聞)

 更にタチが悪いのは、この手の失言って往々にして発言者の本音だったりするから、擁護のしようがないってことだわな。もとより、小川法相の擁護するつもりなんてないけどさ。

 ここで「警告曰く落ちよウィンドウズ【這いよれ!ニャル子さん】」を紹介。


D

ああっ!窓が!窓が!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です