衆議院岐阜1区の野田聖子議員が自民党復党に意欲

1年前の衆議院選挙後に自民党を離党した岐阜1区の野田聖子議員が、総裁選に絡んで復党の容認論が出ていることについて「ありがたい」と話し、復党に意欲を示しました。

野田議員は岐阜市内で開かれた自民党県議の県議会議長就任パーティーに出席して取材に応じ、「(復党に寛容な発言は)ありがたいこと。自らの意思でなく不本意ながら離党した立場にある私たちにご配慮いただけるということは大変感謝している」と述べました。パーティーには去年の衆院選岐阜4区で落選し、野田議員と同じく自民党を離党した藤井孝男元運輸大臣も出席し「復党の判断が出ることを期待している」と述べました。

(名古屋テレビ 9/9)

 「郵政民営化反対&党内造反の旗振り役」「衆院選中は徹底した反党活動」「衆院選後のステイクホルダーを狙って亀井静香のようにこそこそ蠢動」「そのくせ衆院選で自民党が圧勝したらあっさり手の平返して党執行部に媚」。もうね、この段階で人としてはともかく政治家として信用ならんわけですよ。

 「野中広務・古賀誠の手下として勢力伸長」「そのくせ野中が落ち目になったら徹底無視&○○利権だけはちゃっかりキープ」。もうね、この段階で政治家としてはともかく人として信用ならんわけですよ。改名前&野田卯一の後継者になる前のスキャンダルを持ち出すまでも無く。

 平沼赳夫氏や城内実氏etcはともかく、野田聖子だけは復党断固反対。この御仁の節操の無さは「政治家としての二枚舌」のレベルを超えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です