薄熙来夫妻の失脚で一番得をするのは誰か?な件について

 言うまでも無く胡錦濤。

前重慶市トップ薄氏、職務停止 妻は英国人殺害容疑で逮捕

 北京(CNN) 3月に重慶市トップの共産党委員会書記の職を解任されていた薄熙来(ポー・シーライ)氏の妻、谷開来氏が、昨年同市内で英国人男性が死亡した事件に関与した疑いで逮捕された。中国中央テレビ(CCTV)が10日伝えた。

 CCTVによると、当局が英国人事業家ニール・ヘイウッド氏の不審死を殺人事件と断定したのにともない、捜査の一環として谷容疑者と一家の使用人を逮捕した。

 一方、薄氏は党中央政治局員と中央委員の職を解かれた。理由は「重大な規律違反」とされるが、詳細は明らかにされていない。

 ヘイウッド氏は中国人女性と結婚し、10年以上前から中国に住んでいた。国営新華社通信によると、同氏は谷容疑者や夫妻の息子と親しくしていたが、金銭問題でトラブルが生じ、関係が悪化していた。昨年11月、重慶市内のホテルで死亡しているのが見つかり、当初はアルコール中毒が死因とされていた。

 簿氏は党指導部への昇進が有力視されていた人物。重慶で組織犯罪への強力な取り締まり作戦を進めてきたが、その右腕となっていた王立軍・元重慶市副市長が2月に米国総領事館へ駆け込んだ事件で責任を問われ、党委書記を解任された。ヘイウッド氏の不審死をめぐる捜査は、この時の王氏の供述に基づいて再開されていた。

 重慶では薄氏の党委書記解任後、取り締まり作戦で拷問などの手法が乱用されていたとの証言も相次いでいる。

(4月10日 CNN.co.jp)

 さて、今回のこの事件。「どこから」が仕込みだったんだろうね?。

 ここで「【作業用BGM】厳選100曲アニソンメドレー」を紹介。


D

この手の作業用BGMを流していて、作業が進んだためしがない(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です