自衛隊機派遣を見送り、世論配慮の中国側が受け入れ難色

 アフリカ開発会議(TICADIV)でのチマチマ稼いだ外交得点がすべて緒消しになったどころか、大幅なマイナス収支になってしまった大失態。

 肝心の中国側から公式な自衛隊派遣要請という言質や、現地での自衛隊活動の正当性保証も取り付けていないのに、「他国への軍隊派遣」というナーバスな問題を喜々として「公式」に語った町村官房長官その他担当者の軽率&粗忽ぶりには、怒りを通り越して目眩すら覚えます。

 政府は29日、四川大地震の被災者に向けた緊急支援物資の輸送について、航空自衛隊機の派遣を見送る方針を決めた。

 世論の反発に配慮した中国政府が、受け入れに難色を示したためだ。日本政府は民間のチャーター機による輸送を検討する方針だ。実現すれば自衛隊部隊の戦後初の中国派遣だったが、見送りとなったことで過去の歴史に対する中国国内の複雑な感情を浮き彫りにした。

 政府は中国側の物資提供の求めを受け、自衛隊派遣の準備を進めるとともに、中国側との調整を続けていた。29日午前には、斎木昭隆・外務省アジア大洋州局長が北京市内の中国外務省で武大偉外務次官と協議した。武次官は席上、自衛隊機派遣に対する中国国内の厳しい空気を伝えたと見られる。

(5月30日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です