習近平氏の元勤務地での暴動 ~ 旧体制陣営からの嫌がらせは中国政界の風物詩

 胡錦濤が人民軍から表向き手を引いた時は「へー」と思ったけど、どうも「そっち側」の人は、胡錦濤派の李源潮を来年春に国家副主席に就けるまで、大人しくしている気はなさそうだな。

習氏の元勤務地で1万人暴動=警察車両破壊、20人負傷か―背後に腐敗・中国福建省

 【北京時事】中国福建省寧徳市福安で17日夜、5人が負傷した交通事故をきっかけに公安当局などへの不満を高める住民によって警察車両が次々と破壊される暴動が起こった。香港の人権団体・中国人権民主化運動情報センターによると、約1万人の住民が警官隊と衝突し、20人以上が負傷したという。

 15日に総書記に就任した習近平氏は1988~90年、同市で共産党委員会書記を務めた。総書記就任直後に、元勤務地で大規模な暴動が起こったことで、党中央も事態を重視している。中国のミニブログ「微博」では今回の暴動に関する書き込みが次々と削除されている。

 福安公安当局の発表によると、乗用車が別の車や三輪オートバイなどと連鎖的に衝突事故を起こし、5人が負傷した。事故を起こした運転手は無免許で、警察に拘束された。

 一方、この暴動に関し、現場から発信された微博には「政府の腐敗がある」との書き込みがあり、背景には当局への住民の不満があるとみられる。また同センターによれば、公安局が5万元(約65万円)前後を受け取り、偽ナンバープレートを売るケースがあるとされ、住民は事故を起こした車が偽ナンバーだと疑い、警察の腐敗行為に怒りを強め、公安局前にも抗議に押し寄せたという。

 習総書記は就任直後の記者会見で幹部の腐敗を「厳しい挑戦」と表明したが、全国で抗議活動・暴動が年間10万件以上も起こる中、民衆の不満をどう抑えるかが最大の課題になりそうだ。

(11月18日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です