糸井嘉男@日ハムに対する「制裁トレード」は酷過ぎる件について

 ポスティングでのメジャー挑戦を直訴した直後に、これはないわー。それに言っちゃ悪いが、人数では2対3だが、バリューでは5対3位の差がある。オリックス大もうけの日ハム大出血じゃん。日ハムファンは、これに納得してるの?。

日本ハム・糸井、オリックス・木佐貫ら2対3のトレード

 日本ハムとオリックスで2対3の交換トレードが23日、成立し両球団から発表された。日本ハム・糸井嘉男外野手(31)、八木智哉投手(29)がオリックスへ。オリックスから木佐貫洋投手(32)、赤田将吾外野手(32)、大引啓次内野手(28)が日本ハムへ移籍する。

 日本ハム・糸井は球団を通じ「今は寂しい気持ちでいっぱいですが、この世界では当たり前のことととらえています。ファイターズ入団から9年間、ここまでやって来られたのもチームやファンのみなさんのおかげと思っています」とコメント。

 八木も「7年間ファイターズでプレーできたことは財産です」と話した。 

(1月23日 サンケイスポーツ)

 我らが福岡ソフトバンクホークスも、今オフはちょっとイヤンなトレードがあったから、他人事とは思えんのだよなあ。唯でさえ、親会社は大嫌いなのに、チームは好きというジレンマの中で、日夜モヤモヤしてるのに、アレだったから、なおさら。

 ここで「【第10回MMD杯予選】ボーカロイドプリキュア!」を紹介。


D

「だが三十路だ」(笑)。それはそれとして、これは期待できる作品になりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です