米国へのハッカー攻撃へ中国人民解放軍が関与している疑惑に中国政府が逆ギレ、「米国こそハッカー攻撃国」 ~ 自分の後ろめたさを隠すために「お前だってやってるじゃん!」と小学生みたいな反論するのは、中国・韓国・北朝鮮の通弊。

 下手にDNAや骨格形状の近似値を調べるよりも、この精神構造の同類っぷり事例を羅列することのほうが、連中が「似たもの同志」だってことを何よりも証明する。

中国、米こそハッカー攻撃国=人民解放軍関与の報道に

 【北京時事】中国外務省の洪磊・副報道局長は19日の記者会見で、米国へのハッカー攻撃に中国人民解放軍の組織が関与しているとの米紙報道について、「いわれのない非難だ」と否定した上で、「中国へのネットワーク攻撃のうち米国からが最も多い」と反論した。

 洪副局長は上海郊外のビルがハッカー攻撃の拠点となっているとの指摘について、「その証拠がどのようなものか分からない」と反発。中国側の2012年の調査報告内容として、中国国内の1400万台以上のホストコンピューターが国外からのネット攻撃の被害に遭ったなどと主張した。 

(2月19日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です