第2子妊娠で切れた「損失補償」請求

 一読しただけで「あからさまに当事者の片方から焦点を外している&片方の外道っぷりだけを書き連ねている」点に違和感バリバリなこの記事。

 水沢容疑者には「金の使い道」も含めて、「救う会」の実態を洗い浚いぶちまけて欲しいね。全ての評価はそれからだ。

 米国で心臓移植手術を受けた千葉県成田市の松田京大(けいた)ちゃん(2)の父親を暴行し、現金を脅し取ろうとしたとして、千葉県警香取署は1日、傷害と恐喝未遂の疑いで「けいた君を救う会」代表で自動車板金業の水沢滋容疑者(45)=同県多古町=を逮捕した。京大ちゃんの母が第2子を妊娠したことについて、「また疾患のある子が生まれたらどうする」などと中傷。これまでの活動にかかわる「損失補償」を求めたという。

 調べによると、水沢容疑者は9月1日夜、自宅敷地内の板金工場で、京大ちゃんの父で元専門学校教諭祐樹さん(37)に因縁を付けて首を絞めるなど暴行、800万円を支払う念書を書かせて現金を脅し取ろうとした疑い。祐樹さんは軽傷。

 祐樹さんは同署に対し、水沢容疑者から、祐樹さんの妻(32)が第2子を妊娠したことについて「また疾患のある子が生まれたらどうする」などと中傷されたほか、「救う会の活動で仕事ができなかった損失を補償しろ」と脅されたと話しているという。

 京大ちゃんは出生後、心臓の肥大化で心筋の収縮が悪くなる「拡張型心筋症」と診断された。命を救う手だてはばく大な費用が必要となる海外での心臓移植のみだったため、昨年6月に祐樹さんの友人らが中心となって「救う会」を発足。手術費などの経費として8000万円を目標に募金活動を開始した。同9月に目標額を突破し、10月に渡米。同11月に米オハイオ州の病院で移植手術に成功し、今年4月に帰国した。同会のブログによれば、1日までの募金総額は1億円を上回っている。

 水沢容疑者は以前、祐樹さんと同じ日本自動車大学校(成田市)で非常勤講師として勤めていた関係で、「救う会」発足当初から代表を務めていた。街頭での募金活動のほか、代表としてマスコミ対応などを行っていたが、「2人の間でしっくりいってなかったところがあった」と話す関係者もいる。

 調べに対し水沢容疑者は、念書を書かせた行為は認めているものの、「損失を補償してもらっただけで、脅したつもりはない」と容疑を否認しているという。

(Sponichi Annex 11/2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です