竹中・三木谷は産業競争力会議で使い潰せば良い件について

 こいつらには、維新その他で好きなこと言わせておくよりも、日本経済再生本部の下部組織の同会議で、TPP推進や雇用規制撤廃とかの実務だけやらせとけ。性格や為人は最悪だが頭だけはいいんだから、課題さえ与えとけばそこそこ働いてくれるだろう。

 さらに言えば、こいつらはこのポジションから上に絶対動かすな。小泉政権時代の竹中が悪例の第一だが、この手のコウモリ学者を下手に権力の中枢近くに置いて、デフレ推進に逆戻りさせるようなことを安部総理に囁かれてはかなわん。あくまでも実務者として使い潰せ。

 同友会の長谷川閑史代表幹事や経団連の坂根正弘副会長も産業競争力会議に呼ぶんだろ?。連中に竹中や三木谷の手綱を取るよう、事前にちゃんと因果を含めておくが良し。

成長戦略担う「産業競争力会議」 竹中平蔵氏ら内定

 安倍内閣は、成長戦略づくりを担う新設の「産業競争力会議」のメンバーに、慶応大の竹中平蔵教授や、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長らを充てる人事を固めた。今月中に立ち上げ、6月までに成長戦略をまとめる。

 産業競争力会議は、安倍晋三首相を本部長とする「日本経済再生本部」のもとに置かれる。10人程度の民間有識者と、関係省庁の幹部で構成する予定だ。安倍首相はすでに、楽天の三木谷浩史会長兼社長を起用する方針を明らかにしている。

 また安倍内閣は、今年度補正予算案などの経済対策について、今月8日に日本経済再生本部を、9日に経済財政諮問会議をそれぞれ開き、議論する。

(1月5日 朝日新聞)

 さて、こうなると、維新の内紛の種が1つ減ったな。石原閣下は息子を人質に捕ったんで暫くは静かだろうし、どうやって参院選前に維新を分裂させようか?。…小沢一郎の投入かな。やっぱ(笑)。

 

 ここで「【手描き】チャージマン研!で誰がために【トレス】」を紹介。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19708033

「マン研」がMADな作品じゃないと錯覚できるMAD作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です