秋田県知事に佐竹敬久氏、民主系・川口氏らを破る

 「些かモザイク模様が掛かっている自民vs民主の選挙戦」。構図的には先日の千葉知事選と似ている秋田知事選ですが、「家族ぐるみで小沢氏ベッタリ」寺田前知事の後継者が敗れたという点で、民主党が受けたショックは千葉知事選の時以上に大きいのではないでしょうか?。他のミニ統一選の結果とあわせて、少し細かく各地方票の動向をチェックしてみましょうかね。

 秋田県知事選は12日、投開票が行われ、新人で前秋田市長の佐竹敬久氏(61)(無所属)が、前小坂町長の川口博氏(61)(同)ら3新人を破り、初当選した。

 投票率は67・39%で、過去最低だった前回を4・39ポイント上回った。

 今回、3期務めた寺田典城知事(68)が退任を表明。1997年の知事選で寺田氏に敗れた佐竹氏を、現県政に批判的な自民党県連と社民党県連が支持した。

 民主党県連は寺田氏の事実上の後継とされる川口氏を支持し、国政野党は分裂していた。民主党にとっては、推薦候補が敗れた3月の千葉県知事選に続く敗北。

 佐竹氏は元県総務部次長で、2001年から秋田市長を務めた。現県政からの転換を訴え、連合秋田や大半の県議の支援も受けた。全国市長会長などとしての実績や知名度もあり、浸透した。

 川口氏は元自民党の衆院議員らからも支援を受けたが、野党共闘できなかったことが響いた。

 両氏のほか、前羽後町長の佐藤正一郎氏(56)(無所属)と、共産党県委員の藤本金治氏(62)(共産)は支持に広がりがなかった。

(4月12日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です