秋田新太郎@半グレのカネヅルなんて既に終わってる件について

 何、この記事のすっごい今更感。

f:id:kagura-may:20110326215509j:image

 産経新聞も人が悪いわ。秋田新太郎は、1年前に関東連合崩れや事件屋連中との癒着&トラブルが露見し、ついでに巨額の私的流用&粉飾決算がバレて、「デキル奴」のメッキなんてとっくの昔に剥がれ済みだっつーの。

 この事案のこの報道について意味があるとすれば、「反社への金の流れ晒しの突破口=みずほ」という点だけ。みずほの場合、反社フロントとのズブズブは某アレ時代からの伝統だしね。三つ子の魂ならぬ三行合併前の魂、百までと言ったところ。

 仮に、その伝統芸の継承だけではなく、オリコ事件の捜査の延長で今回の秋田の小僧逮捕に至ったとなれば、近日開演決定となった「第三幕」の演目は、みずほ的に少々異端の流れ…アレ?。俄然楽しみになってきたw。

 そして、第三幕の舞台はやはりアソコなんだろうな。夜の六本木。イイじゃないか。

「ベンチャーの旗手」融資詐欺の社長、創業4年で業界の雄に

 「一番でなければ意味がない」。みずほ銀行から融資を不正に引き出したとして詐欺容疑で逮捕された秋田新太郎容疑者は、ことあるごとに周囲にこう唱えていたという。創業4年あまりで業界を代表する会社を作り上げた手腕は、「ベンチャーの旗手」と評されたこともある。しかし、販売実績を偽っていた疑いが浮上し、輝かしい業績そのものが揺らぎ始めた。業界のトップランナーは、果たして虚像だったのか。

 秋田容疑者は23歳で脱サラし、エステート24ホールディングスを設立。オール電化設備や太陽光発電システムの販売を軸に事業を展開してきた。再生可能エネルギーへの関心が高まった最近は事業拡大を進め、業界関係者も「驚異的」とする上場企業並みの売上高を記録。「業界を牽引(けんいん)する経営者」とメディアに取り上げられるようになった。

 同じ頃、エ社はボクシングの世界チャンピオンのスポンサーになったり、新入社員研修でタレント出身の衆院議員を講師に招いたりするなど、派手な活動を展開。秋田容疑者自身もサラリーマンだった19歳のときに新築マンションを購入したほか、待ち合わせ場所に運転手付きの高級車ベントレーで現れることもあったといい、「成功者」のイメージを前面に押し出していた。

 しかし、急成長の陰で、エ社には資金難の噂が付きまとっていた。最近は金融機関からの借入金の返済が滞ったり、施工業者に工事費を支払わなかったりという金銭トラブルもささやかれていた。ある銀行関係者は「事業拡大に資金が必要だとしても、あれほどの業績を達成して資金繰りに苦しんでいるのは不思議。決算内容に疑義が生じる」と指摘している。

(10月19日 産経新聞)

 スポーツ選手(井岡一翔)のスポンサーの件で思い出したけど、某陸上選手のタニマチやってた、某ファンドの社長兄弟の「アレ」マダー?。マチクタビレター×2(チンチン!)

 ここで「【MMD】みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」を紹介。


D

やはりミクさんは良い。心、洗われてございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です