福田氏、総裁選に立候補せず…「安倍政権」有力に

 自民党の福田康夫・元官房長官(70)は21日、9月の党総裁選への立候補を見送る考えを表明した。

 同じ森派の安倍晋三官房長官(51)との間で考えに違いのある靖国神社問題が総裁選の争点となることや、森派の分裂を避けることなどが理由だ。

 福田氏は既に、こうした考えを同派会長の森前首相や青木参院議員会長らにも伝えた。総裁選では基本的に安倍氏を支持する考えと見られる。世論調査や党員調査で安倍氏に次ぐ支持を得ていた福田氏の不出馬で、総裁選の情勢は、「安倍政権」の誕生が有力になってきた。

 福田氏は21日夜、都内の自宅前で記者団に、「年も年だ。この年になって(首相を)やれるか。(立候補しないことを関係者と)確認した。総合的に判断して結論を出すということだ」と不出馬の理由を説明した。総裁選で安倍氏を支持するかどうかについては「政策を見て、じっくりと(判断する)」と述べた。安倍氏の対中国をはじめとする外交姿勢が変わると期待できると考えたことも、立候補を見送る理由の一つであることを示唆したものだ。

(読売新聞) – 7月21日

 自民党内年長組と公明党はガックリでしょうな。でも、この結果に至ったのは、ここ3ヶ月の貴方がたと中国・韓国・北朝鮮の立ち振る舞い&工作がことごとく裏目に出たが故、そのため福田氏が出馬表明できずに求心力を失ったが故と言うことをお忘れなきよう、といったところですけど。正直これらが無ければ、「国会議員側の支持層の厚い(当時)」福田氏の優位はそう簡単に覆らないはずだったでしょうから。

 で、ステークホルダーになり損ねた連中がまたぞろ蠢動を開始。

<大宏池会構想>自民党総裁選後に具体化を 丹羽元厚相

 自民党丹羽・古賀派代表の丹羽雄哉元厚相は21日、茨城県つくば市で講演し、丹羽・古賀、谷垣、河野3派が結集する「大宏池会構想」について、「現実的な対応としては総裁選が終わった後に、出来るだけ早く再結集を目指していかなければいけない」と述べ、9月の党総裁選後に構想を具体化させるべきだとの考えを示した。

(毎日新聞) – 7月21日

 連中の活動自体はどうでもいいけど、麻生太郎氏だけは日の目を見続けさせてあげたいな。彼は粗雑に見えてかなり喧嘩上手な政治家&指揮官という貴重な人材だから。そう例えるならばビッテンフェルト@銀英伝のような(笑)。

祖父・吉田茂の流儀

祖父・吉田茂の流儀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です