神様ヘルプ?

 前節から続く波乱は今節も継続。上位陣が総崩れ&足踏みする中、気付いてみたらアントラーズに勝ち点1差の2位に浮上していたレッズ。嬉しいけど、ワケワカラン。

 残り3節。優勝争いも降格争いも、どんなオチがつくのか最後の瞬間までワカラン展開になりそうです。

J1 第30節(10/25-26)試合結果

柏 1 – 3 横浜FM 柏

名古屋 0 – 0 磐田

京都 0 – 0 東京V

神戸 1 – 0 大分

清水 3 – 1 G大阪

FC東京 3 – 2 鹿島

新潟 0 – 1 浦和

大宮 2 – 1 千葉

川崎 3 – 1 札幌

J1 第31節(11/8-9)試合結果

横浜FM 1 – 3 京都

札幌 1 – 2 浦和

大宮 2 – 1 川崎

柏 2 – 1 名古屋

G大阪 1 – 3 FC東京

磐田 1 – 0 清水

鹿島 0 – 0 新潟

東京V 0 – 2 神戸

大分 0 – 0 千葉

 ついでながら、野球の日本シリーズの結果も。まさに短期決戦の醍醐味って感じの総力戦七番勝負。悔しいけど今年の日本シリーズ、超面白かったです。ライオンズ復活&日本一オメ。ジャイアンツもいい戦いぶりだったよ。お疲れ様。この日本シリーズのような采配ができるなら、WBCも任せられる…かな?>原監督。

西武、4年ぶり日本一=巨人に4勝3敗-プロ野球・日本シリーズ

 プロ野球の日本一を決める日本シリーズ(7試合制)は9日、東京ドームで第7戦が行われ、パ・リーグ優勝の西武がセ・リーグ覇者の巨人を3―2で破り、通算4勝3敗で4年ぶり13度目(前身の西鉄時代の3度を含む)の日本シリーズ制覇を遂げた。

 渡辺久信監督は前任者の伊東勤監督に続いて就任1年目で日本一を達成。新人監督の日本シリーズ制覇は2004年の伊東勤監督(西武)以来8人目。西武は2勝3敗で先に王手をかけられたが、第6戦から連勝して逆転した。最高殊勲選手(MVP)には西武の岸孝之投手が選ばれた。巨人は6年ぶり21度目の頂点を逃した。 

(11月9日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です