独自通貨「円天」の健康商品会社、会員5万人への配当停止

f:id:kagura-may:20070802004259j:image

歴史に学ばないお馬鹿が最低5万人もいる日本に絶望した!

 大昔ならばともかくも、このご時勢「波和二」とググるだけで、どういう連中か分かりそうなもんだけどなあ>L&G。売られている物の表示価格と一般市場での実勢価格とを比較すれば、(仮に額面通りに償還&配当されたとしても)それまでにどんだけむしり取られているシステムか気付きそうなもんだけどなあ>円天市場。

 マルチ詐欺に対する知識の多寡はともかく、なんでこの程度の手間すら惜しむんだろう?>被害者と言う名の「アレ」な人々。「自分達&こういう人達は天然だからしょうがない」じゃすまないと思うんだけど。「カモ名簿」に載って多重詐欺に遭っている様な連中は官から強制的に指導入れなきゃだめじゃないかと常々思う次第。素直に話聞くとは思えないけどさ。確信犯や潜在的共犯もいるだろうし。

 高額の配当や、「円天」と呼ばれる独自通貨をもらえるとうたって、全国の会員から多額の「協力金」を集めていた東京都新宿区の健康関連商品販売会社「エル・アンド・ジー」が今年2月以降、配当の支払いを中止し、各地の消費生活センターに苦情が相次いでいることがわかった。

 今月20日には、同社が社員の大半を解雇したことも判明。同社の会員は約5万人、集めた資金は約1000億円に上るとみられ、返金を求めて訴訟を起こした会員の代理人弁護士は「不特定多数から資金を預かることを禁じた出資法違反の疑いが強い」と指摘している。

 健康補助食品などの製造・販売を目的に1987年に設立された同社は、2004年ごろから全国各地のホテルで演歌歌手やタレントを招いた説明会を開催。「1口100万円の協力金を預けて会員になれば3か月ごとに9万円の配当を支払う」「1年後の満期には元本を返金する」などとうたって、会員の勧誘を始めた。

(9月23日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です