温家宝首相、天皇陛下を北京五輪へ招請

 不意打ちは小泉前首相だけの専売特許じゃないってか?(激皮肉)。

 天皇陛下は12日、日本を公式訪問している中国の温家宝首相と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。

 宮内庁によると、陛下が2008年の北京五輪について「準備の状況はいかがですか」と質問されると、温首相は「うまくいっています。開会式には天皇陛下と皇族の方々に来ていただきたい」と陛下の訪中を要請。陛下は「自分の外国訪問は政府が検討いたします」と述べられた。

 陛下は1992年10月、中国の招待を受けて天皇として史上初めて中国を訪れ、皇后さまと2人で6日間にわたって北京や西安、上海などを回られた。

 会見の冒頭、陛下は「今回の訪日を通じて日中関係が進展することを望みます」と述べられ、温首相は「友好交流を深めるために参りました。温かい歓迎を受けています」と応じたという。

(4月12日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です