海水が甘い!?数千人が飲む…インド・ムンバイ

 インド西部ムンバイで十八日夜、「海の水が甘くなった」とのうわさが広まり、数千人が海岸に殺到して海水を飲む騒ぎがあった。

 水を飲んだ住民は地元テレビに「本当に甘い。奇跡だ」と口々に話したが真偽は不明。水は汚染されて茶色に濁っており、ムンバイ市当局は「病気になる恐れがある」と飲むのをやめるよう呼び掛けている。

 地元メディアによると、現場はムンバイ国際空港の南方。うわさを聞きつけた住民が競い合うように海水を飲んだり、ペットボトルに入れて持ち帰った。事故を警戒して、一時は警察も出動した。

 市当局は海水のサンプル調査をしているが、近くにはイスラム教の聖人の霊廟(れいびょう)もあり、その聖人による奇跡と信じる住民もいるなど、さまざまな憶測が飛び交っている。

(2006年8月20日 スポーツ報知)

 色々とコメントし辛い(^^;。海底の地殻変動の影響→大災害の前触れとかじゃなければいいんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です