海底地名、6月提案も可能 見送り合意ないと韓国

 【ソウル26日共同】日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺の海底地名変更について、韓国の柳明桓外交通商第1次官は26日、国会で、先の日韓外務次官会談で6月にドイツで行われる国際会議での提案見送りまでは合意していないとの認識を示し、準備が整えば提案も可能との考えを明らかにした。

 日本側は、会談で日本が竹島周辺での海洋調査計画を中止する代わり、韓国側が6月の提案を見送ることで合意したと発表したが、韓国側は韓国式名称への変更提案を「適切な時期に行う」との立場を表明していた。柳次官の発言により、合意をめぐる日韓の解釈の違いが浮き彫りになった。

 盧武鉉大統領が25日の特別談話で地名変更を「当然の権利」と強調したことを受け、韓国側が「日本側の要求で譲歩しない」との原則を示したものだが、6月提案は準備不足により実現は難しい状況だ。

(共同通信) – 4月26日

 文字通り「想定の範囲内」の反応。国内世論対策のハッタリなんだろうけど、先日二国間で公式の合意文書を取り交わした意味を本当に理解しているんでしょうかね?>韓国政府。韓国はこれまで国際法廷で戦った経験ないから、マジに理解して無いんじゃないかと疑ってみたり(ちなみに日本は4回経験済み)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です