民団の新年会に志位委員長が出席

 頭の出来や性格はともかく、政治的センスが少々欠乏している(共産党全体の通弊ではあるけれど>センス欠乏症)志位委員長が、いつものごとく「余計な一言」。せっかく、与党だけじゃなく民主党も色々とボロを出してくれているんだから、総選挙まで黙っていれば、「蟹工船」ブームもあって少しは支持率と議席も増えただろうにね。「永住外国人に選挙権だけでなく被選挙権も付与」=党の基本方針だなんて、特段周知されているわけじゃないんだし。

 まあ、そこらへんの空気を読まずに持論開陳するあたりが、「確かな野党」共産党の共産党たる所以でもあるわけですが。党利党略よりまず党是。これはこれで素晴らしい(のかな?(^^;)。先月、韓日議員連盟会長を迎えた時の民主党のように、露骨に外圧誘致を言い出さないだけマシ…とは言ってあげませんけどね。

 日本共産党の志位和夫委員長は九日、都内で開かれた在日本大韓民国民団中央本部主催の新年会に出席しました。志位委員長は共産党代表として壇上であいさつ。会場で権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日韓国大使、鄭進(チョン・ジン)民団中央本部団長や民団役員、李相得(イ・サンドゥク)韓日議員連盟会長などと歓談しました。

 鄭団長は新年辞で、日韓両国が協力すれば新国際秩序をつくるためにアジアで中心的役割を果たせると強調。日本の国会が永住外国人に地方参政権を付与する法律を今年中に成立させるよう訴えました。

 権大使はあいさつで、日韓友好関係をいっそう発展させたいと強調。続いて、「危機をチャンスに変えよう」と日韓協力を呼びかける李明博(イ・ミョンバク)韓国大統領の新年辞を代読しました。

 志位委員長はあいさつの冒頭、「セヘポクマニパドゥセヨ(新年おめでとうございます)」と自己紹介を含め韓国語で始め、大きな拍手を浴びました。二〇〇六年に初めて訪韓した際に、日本による植民地支配期に独立運動家が投獄・処刑されたソウルの西大門刑務所跡を訪ねた経験を紹介。「歴史の真実を日韓で共有することが、末永い友好の基礎であり、日本共産党はそうした立場で活動しています」と述べました。

 地方参政権については、「日本共産党は永住外国人に選挙権だけでなく被選挙権も付与する立場でがんばっています」と述べ、一日も早い立法のために努力すると約束。あいさつの最後を「カムサハムニダ(ありがとうございます)」と韓国語で締めくくりました。

 志位委員長には緒方靖夫副委員長(国際局長)、小池晃参院議員(政策委員長)、井上哲士参院議員が同行しました。

(しんぶん赤旗 1/10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です