森光子さん死去 ~ また昭和が遠くなった

 ジャニーズ関係者が慌てた様子で見舞いに向かっていたと聞いていたから、「もしや」とは思っていたけど…。ご冥福をお祈りいたします。

森光子さん死去、92歳=「放浪記」「時間ですよ」

 舞台「放浪記」やテレビドラマ「時間ですよ」をはじめとする数々の作品に出演、国民的な人気を集めた女優の森光子(もり・みつこ、本名村上美津=むらかみ・みつ)さんが10日午後6時37分、肺炎による心不全のため東京都内の病院で死去した。92歳だった。京都市出身。密葬は済ませた。

 戦前から映画に娘役で出演。夫婦漫才師ミスワカナ・玉松一郎の慰問団に加わるなど芸能活動を行っていたが、戦後、肺結核で活動を休止。復帰後は大阪を中心にラジオやテレビに出演。劇作家・菊田一夫の誘いで芸術座の舞台に立ち、1961年、菊田作の舞台「放浪記」で主人公の林芙美子を演じた。同舞台の出演は2017回を数えた。一方で、東芝日曜劇場など数々のテレビドラマに出演。銭湯のおかみを演じ、堺正章さんらとの掛け合いが話題を呼んだ「時間ですよ」シリーズなどで、お茶の間の人気を集めた。2010年に滝沢秀明さんとの舞台に出演した後、女優活動を休止していた。

 05年文化勲章。放浪記が2000回を迎えた09年には、女優初の国民栄誉賞を受けた。 

(11月14日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です