日産ゴーン社長「世界本社に」、創業の地横浜で新本社起工式

 日産自動車は13日、2009年に本社を移転する横浜市西区のみなとみらい21地区で、新本社社屋の起工式を開いた。新本社は地上22階建て、高さ99メートルの超高層ビルで、従業員約2500人が勤務する。総投資額は約420億円。

 横浜市は日産創業の地で、1968年に現本社がある東京・銀座に移転して以来、約40年ぶりに創業地に戻ることになる。新本社の延べ床面積は8万平方メートルで、一階には新型車や市販車を展示するショールームを設置する。

 起工式後に開いたパーティーで、日産のカルロス・ゴーン社長は「新本社は日産が世界企業として成長するための『グローバル本社』となる」とあいさつ。神奈川県の松沢成文知事は「日産が新しい一歩を神奈川で踏み出すのは喜ばしい」と祝辞を述べた。

(日本経済新聞 2007/1/13)

 既に現本社を森ビルに売却済みである事情はさておき、この新本社は日産にとっての「バベルの塔」、滅びの象徴になるでしょうね。かつての三菱自動車のごとく。

 先に繋がらないリストラ&荒療治で外見だけ綺麗にして、そのくせ車開発のための金の使い方を全然知らない経営者に率いられたメーカーに先など無い。ちっとはホンダを見習えと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です