日本は、韓国の靖国神社放火犯引渡し拒否を忘れるな!な件について

 放火のような凶悪犯罪であるにもかかわらず、「反日的行為」や「愛国無罪」にこじつけられるなら、自国民・他国民を問わず日本の法律では裁かせないと表明したのだ。韓国は。

 この理屈が通るなら、祝日に日の丸を掲げる企業に害を及ぼしたり、神社で働く宮司や巫女さんを襲ったり、自衛隊の協力者を脅迫しても、枕詞で「戦時中の日本の精神や今の軍国主義化を支える関係者に対して、政治的怒りを感じ、止むに止まれず犯行に及んだ」と述べて、韓国経由で逃亡する馬鹿野郎様が出てきても、おかしくない。

 韓国当局は、そこまで考えて今回の決定を下したのか?。

靖国神社放火犯、中国に送還…ソウル高裁決定

 【ソウル支局】聯合ニュースによると、ソウル高裁は3日、2011年12月に東京の靖国神社に放火した疑いで日本側が引き渡しを求めていた中国人の劉強容疑者(38)について、中国に送還するとの決定を下した。

 日本側は日韓犯罪人引き渡し条約に基づき、韓国政府に引き渡しを求めたが、中国側は、劉容疑者が「政治犯」に当たるとして、中国への送還を求めていた。

(1月3日 読売新聞)

 特に今回は、中国の無茶苦茶な中華主義と韓国の歪な事大主義の、正視し難い思惑のミックスの結果でもある。臥薪嘗胆。日本国民は、2013年年初に中韓がやらかしたこの振る舞いを決して忘れるな。

 末筆ながら、年末年始返上で訪ミャンマー中の麻生太郎副総理、お疲れ様であります。

 

 ここで「ドリフだよ全員集合!【東方MMD正月コント】」を紹介。


D

近年まれに見るおっさんホイホイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です