日本の図書館って延滞料とかあったっけ?な件について

 実は最近、図書館に行ってないんで分からない。なんだかちょっぴり恥ずかしい。

米図書館の本が78年ぶりに返却、延滞金発生なら47万円

 [シカゴ 31日 ロイター] 米シカゴの女性が30日、78年前に貸し出されていた本を図書館に返却した。女性は、逮捕されるのではないかとおびえていたという。

 シカゴ公共図書館に返却されたのは、アイルランド出身の作家オスカー・ワイルドの「ドリアン・グレイの肖像」。希少な限定版で、図書館から貸し出されたのは1934年だった。

 返却に訪れたハーリーン・ホフマン・ビジョンさんは、母親の持ち物の中から、図書館のスタンプが付いている本を発見。同図書館で延滞料金免除のイベントが行われていたため、本を返すチャンスだと思ったという。図書館の担当者は、逮捕されるのではとおびえていたビジョンさんに対し、返却してくれた礼を告げた。

 なお、同図書館では通常、本の返却が遅れた場合の延滞金は最大10ドルだが、女性はそれを知らなかったという。この上限と今回の免除がなかった場合、延滞金は計6000ドル(約47万円)にも上っていた。

(9月3日 ロイター)

 こういう、ほっこりする話もたまにはイイね。

 ここで「杏さや♪♪【ゆるゆりパロ】」を紹介。


D

あー、そういやこっちも京子だなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です