日本、高さ生かして快勝=サッカーW杯3次予選

 後半少し中盤が上げきれて無かったり、パスミスが目立ったり、FW陣が相変わらずだったりと、突っ込みたい部分も多々ありましたが、選手交代も含めて、ほぼ及第点なこの試合。まずは快勝おめ!>岡田ジャパン。バーレーンがオマーンと引き分けたので、最終戦を待たずしての3次予選突破となりましたが、是非ともホームでのバーレーン戦をスッキリ勝って&リベンジかまして、最終予選に臨んで欲しいものです。

 それにしても、タイってこんなにいいチームでしたっけ?(^^;(特に途中出場のタナー)。点差通りの実力差をあんまり感じられなかったんですが…みんな成長しているんだなあ。日本もうかうかしてらんないですね。

 高さを生かした日本がタイに快勝。前線からの素早い攻守の切り替えで試合を支配した前半、いずれも遠藤の左CKからヘディングで2点を奪った。まず、23分に闘莉王が敵地では今予選初となる先制点を奪い、39分には中沢が飛び込んで加点した。後半はタイに攻め込まれる場面もあったが守り切り、終了間際に途中出場の中村憲が駄目押しの3点目を決めた。 

(6月14日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です