政府紙幣

 景気対策の一環として発行の可能性が模索されている政府紙幣。この政府紙幣に対して、津島雄二会長@自民党津島派や伊吹文明会長@同伊吹派が「政府紙幣の発行政府が円天@エル・アンド・ジーをやるのと同じ」「人間は疲れるとマリファナを吸って気を紛らわせる。政府紙幣はそれと同じ」と批判。

 「制御ができる限り、カンフル剤としての機能を果たすことが期待できる」という一点からすれば、御両者の見解はあながち間違いではないですね。もっとも、円天の場合は制御ウンヌン以前にビジネスモデルの破綻が必然で、マリファナはその使用自体が違法。各論的にはともかく総論で、この2つと「調律可能&合法な」政府紙幣発行とを同列に語るのは、やはり暴論と言わざるを得ないですね。

 あと、彼らは「政府紙幣発行によるハイパー・インフレ」ってのを危惧しているわけですが、起こる訳ないじゃん。慢性デフレ環境かつ供給超過状態の今の日本で。困るのは金利サヤ抜き商売の金融屋だけ。そもそも、今大事なのは、漠然としたインフレ不安におびえることではなく、目の前の景気後退への対応策を打つことでしょうに。

 そう言う訳で、神楽は基本的に政府紙幣発行支持派です。もちろん、赤字国債と同じ轍を踏まないことが前提条件ではありますが…でもなあ…

 

         ./     ,. '                    '、   ノ
 か ム ぜ お |   /                      ',  / は こ
 た リ っ 爺 :l.  /    ,   i :i、  |、           ゙, ノ'  っ う
 つ ム た ち ヽ./     /! ./l  lヽ :i ',           i`)  き な
 む リ .い .ゃ ./!   /|:! | ./ |  ! ヽ l ヽ           ! l  り っ
 り ム ム ん / | /!//''|l‐=/、 ! l ,ゝ- ‐‐ヽ、        | |  言 た
 よ リ .リ に (, l, :l.|: /_ ァテゝ、ヽ !   ヽテ = 、ヽ       ! l  わ ら
  !!.ム よ 自 l . :!|:!:|, i` .}{ i゙!  `   ´ }.{; 'ィヾ,.  ∧    :} /.  せ
.   リ . 制 ,ゝ ! ! :i  '' "´,      ‐'='' ´ | i`:}    / /  て
      は (.   / ',   `          i ヒ/  /ソ ゝ.  も
         > /人 | 、  ヤ‐ヽ       ,イ  l /!/  _ ゝ  ら
\      _ /  '   ':, ヽ.  ' ‐ '     ,/ /,r, |i' |'   ` ).  う
  'レ'⌒´         ゝ,  ` 、    ,. '  _// ‐‐ 、     ム  わ
              //    >:t' ,. '´ /'   _>-‐- 、,_ヽ
            // /ノ,._'´ 丿 iヽ    , '´      `
          /   - ' /-) _' i'  ノ‐ ' ヽ、 '

 「モデル的には推したいけど、経験則的に今の為政者に運用を任せるのは危なっかしくてしょうがないシステム。それが政府紙幣発行」

 一旦タガが外れたら乱発必至だもん。赤字国債と同じく。…そっか、おじいちゃんたちがこれにはんたいしているのは、じぶんたちのじつりょくをよくわかっているからなんだね!(笑)。

今日の一銘柄

  • アイダエンジニアリング(6118):プレス機専業で世界2位。自動車関連が6割、家電向けも得意。海外は米欧にテコ入れ。好財務。2/5日終値は前日比4円高の287円。2月第4週中の目標株価310円。向こう半年間の目標株360円。

 ここで脈絡無く「少女デラックス」を紹介。


D

声優ネタ的には観て損なしアニメ>宇宙をかける少女。中身的には、もうちょっと頑張ってほしいなあ。

2 件のコメント

  • 実際に発行するかどうかは別として検討は必要と
    思います。検討するだけで円安に誘導できるなら
    ラッキーですが、どうなるでしょうね。

  • >kwさんへ

    他国が財政出動総動員で景気対策やっている中、日本(というか日銀)だけ、デフレOKな政策を取り続けるってのは変ですよね。その観点から見れば、適量発行ができる限りにおいて政府紙幣は有効な手段だと思います。赤字国債の発行による資金調達よりよっぽど健全な策ですし、市中に政府紙幣自身が流通しないスキーム(例:日銀-政府間取引限定)ならば、一般社会における混乱が発生することはないでしょうし。

    ただ、↑の理由から政府紙幣発行は「70%の妥当性でアリ」と考えている神楽ですが、実際のところ、「51%の確率でナシ」なんだろうなあと諦めてもいるんですよね。100%成功したインタゲ政策なんて見たことないから、日銀だけじゃなく政府も実行に慎重になるのは理解できますから。何よりアメリカ(&ファンド、金融屋連中)がウンと言うとは思えないですもん。

    それはそれとして、仰る通り、今回の場合、検討することで円安誘導できれば、それだけでも意味があるとは思います。いつも大人しい日本人、たまには世界に対してドスを利かせることがあってもいいのではないでしょうか?(笑)。いずれにせよ、政府紙幣の発行は、現時点における「最終手段」であることには変わりませんけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です