指原莉乃の島流しは世間の大企業じゃ当たり前のことな件について

 競争厳しい本店(AKB48)の人間が下手売ってor身内から売られて、ペナルティで地方支店や営業店(HKT48)に飛ばされるってのは、よくある話。それが「現実の競争社会」の実態。

 AKB48というコンテンツの中身についてはさておき、秋元康や電通、AKSといったAKB48でビジネスやっている連中に対して、常時嫌悪感充填120%の神楽ですが、彼らによる今回の指原莉乃のHKT48への「左遷」という処置には、一定の「評価」をしています。少なくとも、大場美奈や島田玲奈、松田栞に対する意味不明な「謹慎」処分や、平嶋夏海と米沢瑠美の「脱退の申し出受理」処分よりは、数倍マシ。HKT48をはじめとするAKB48以外のグループが事実上「AKB48の下部組織」に過ぎないと明確にしたのも良い。

 何が良いのかって?。AKB48で商売やっている連中が、良くも悪くも程良く腐れた大企業らしく、「当事者に騒動の責任を取らせる懲罰人事」を、島流し先も含めて手早く決めたのが良いのです。臭いものには自社で責任持って蓋をする。「問題先送りでオワリがせいぜいな」二流以下の大企業の判断としては、妥当な対応をしたのがとても良い(最初から臭いものを溜めこんでいなけりゃ一・五流だったけどね)。

 そして何より、小銭をはたいた程度でパトロン気分のB層ヲタや、「素人芸に素人が評価を下した結果が世間に大きな影響を与えている」…ようにみせかけた三流のビジネスモデルに乗せられて喜んでいる中高生ヲタの、「AKB48各メンバーの立ち位置は自分たちファンが決めて支えている」と言う甘っちょろい幻想をブチ壊すキッカケを与えたことが、実に良い。

 改めて言うまでもなく、ヲタにアイドルの人事権なんてないんだよ。AKBヲタには忘れている連中が多いけどさ。人事権を持っているのは秋元や電通etc。総選挙4位だろうと売上TOPだろうと、当面の商売に邪魔なら即飛ばす。キャバクラやホストクラブの経営者と同じくな。そしてそれは正しい。

 少なくとも、一人二人の個人単位での一流アイドルの取り扱いならともかくも、一山幾らの三流アイドルのレギオンで組織的に集客するAKB48のビジネスモデルにおいて、「総選挙の『結果』も含めた」人事権を、組織運営者がアイドル本人ましてや外部の第三者に渡すなんてことは100%ありえない。あるとしたら、ウン億円と一緒に松井玲奈を上納した先のバーニングのように、ビジネスモデルそのものに影響を与える存在に対してのみだ。

 指原莉乃は今回被害者ではある。しかし、自身の性癖も含めて騒動の原因を作ったことと、自身に対して「一方的なアイドル像を押し付けてくるファン」にショックを与えたことについて、ペナルティは受けなくてはならない。そういう建て付けで稼いできたんだから。そして秋元は、それに対して「一山幾らアイドルで商売する腐れた大人の大企業」として至極当然な対応、人事権を行使した。実に現実的で、実にえげつない。そして実に秋元らしいと、おニャン子クラブ世代の神楽は心の底からそう思う。

 AKB48の誰誰や楽曲に惹かれるかどうかなんてのは、蓼喰う虫も好き好きなんで、今更とやかく言わない。しかし、今回ここまで↑されてなお、「AKB48ビジネスに組み込まれている自分たちのトホホな現状」から目が覚めないヲタは、心底思考停止しているお人好しさんか、目が覚めるのを深層心理の段階で拒絶する根っからのドMのどちらか、あるいはその両方だろうな。

 ともあれ、今回、AKB48を使役している経営陣の一人として、秋元はその権限をありうべき形で「初めて」行使した。グダグダと建前は並べつつも。だから今回の左遷は「評価に値する」。一方で、その行使がこれまで幻想を見せ続けていたヲタへ冷や水をぶっかける結果をもたらすであろうことに、秋元はどこまで気付いていたか、その辺りは正直微妙。個人的には、この微妙さがAKB商法が崩れるアリの一穴にならないかと期待しています。

AKB指原、“超肉食系”交際で左遷!故郷・九州から出直し

 人気アイドル集団、AKB48の「第4回選抜総選挙」で4位に大躍進した“さしこ”こと指原莉乃(19)が16日未明の、ニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」に生出演。週刊誌に“元カレ”との交際が報じられたことを泣きながら釈明し、謝罪した。AKBの総合プロデューサーである秋元康(56)は、博多に拠点を置くHKT48での指原の出直しを電撃発表した。

 サラリーマン社会で言えば、東京本社で失敗した社員が博多へ“左遷”されるようなものだ。

 この日、パーソナリティーを務めた秋元氏は「“事件”が起きたので本人に話してもらった方がいい」と語り、40分後に指原が登場した。

 “事件”とは14日発売の週刊文春の記事。指原がAKB加入後の2008年から09年、指原と交際していたというファンが「さしこは超肉食系でした」などと生々しく告白していた。AKBは恋愛ご法度で知られる。

 指原は涙声で「今回はご心配をおかけし、本当にゴメンなさい」と謝罪。「記事を読んで、すごくビックリしました。事実じゃないことがたくさんありましたが、その人と友達だったことは事実です」といい、「ご飯が食べられなくなってツアーのリハーサルでは過呼吸になっちゃいました。お母さんにも話せなくって…」と苦しい胸の内を打ち明けた。

 秋元氏は「誤解を招く行動をとったことは間違いない。指原は明日(16日)からHKT48に移籍し、博多に住んでもらいます」と電撃発表。指原は「ハイ」と素直に応じた。指原は実家が大分市のため、故郷・九州から出直しをはかる。

(6月16日 夕刊フジ)

 しかし、美人局に引っかかった涌井@西武といい、最近の博多は芸能・スポーツ界にとって、悪いイメージを持たれるようなことばっか起きる&起こされるなあ。元・ジモティとしては複雑な心境です。

 (追記)↑てな感じでモヤッとしていたらこちらのエントリーに遭遇して爆笑。言われてみれば、九州は、平安の世から島流し先として相応の「聖地」なんだよな。

 ここで「阿良々々々々木さん!…って、なんでですかー。」を紹介。


D

プロ声優のスキルが脇役に回る優良音楽MAD。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です