拉致家族と米大統領の面会非難=「問題を国際化した」-北朝鮮大使

日朝両国政府による並行協議の北朝鮮代表を務める宋日昊大使が、拉致被害者横田めぐみさんの母早紀江さんがブッシュ米大統領と面会したことについて、「拉致問題を国際化し、北朝鮮への攻撃材料にしている」と非難していたことが、6日明らかになった。

 平壌を訪問していた同志社大学の浅野健一教授が宋大使と4日に北朝鮮外務省内で面会した際、このような発言があった。早紀江さんと米大統領の面会について北朝鮮当局者が公式に見解を示したのは初めて。 

(時事通信) – 5月6日

 「逆ギレは計画的に」…と言っても無駄でしょうね。多分。しかし、世界各国で拉致事件やらかしといて、今回のブッシュとの面会で「拉致問題が国際化した」?。発言の目的自体は国内外向けアピール(≒詭弁)だとしても、一体どういう思考回路してたらこんな発言できるんだ?>北朝鮮。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です