快慶作のミニ涅槃仏が発見された件について

多くの人が集まって拝むためではなく、僧が個人的に毎日拝むために作らせたのでは

f:id:kagura-may:20131102215221j:image

現世ヲタ1「わかるー!」

現世ヲタ2「超理解できるー!!」

 快慶が今の時代に在れば、どれほど凄い「フィギュア原型師」になっていたことか。惜しい。実に惜しい。

 …あれ?

快慶作か、ミニ涅槃仏見つかる 12センチ、滋賀の新知恩院

 大津市の新知恩院で、鎌倉時代の仏師快慶の作とみられる小型の「木造釈迦涅槃像」(長さ12・8センチ)が見つかり、大津市歴史博物館が1日発表した。井上一稔同志社大教授(仏教美術史)は「あまりに小さく、多くの人が集まって拝むためではなく、僧が個人的に毎日拝むために作らせたのでは」としている。

 博物館によると、耳のひだの形や螺髪の配列などに快慶の特徴があった。釈迦の体から発する光を表現するために、目や額に使われることが多い水晶が胸にあるのも珍しいという。

 新知恩院は京都市東山区の知恩院が戦乱を避け疎開先となった寺院。仏像は知恩院から移された可能性が高いという。

(2月2日 47news)

 そのうち、運慶作「ミニ金剛力士像」が発見されたりしてな。当時のウホッな趣味なアニキ向けに作られた可能性がどうとか。

 ぬふう。

 ここで「【艦これ替え歌】SORYU AND FUSO【SAVIOR OF SONG】」を紹介。


D

あるあるペジオ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です