[川上好投、中日逃げ切る=プロ野球日本シリーズ・中日-日本ハム

 先発投手が互いに微妙な制球を欠き、試合は序盤に動いた。中日は2回、森野の二塁打などで一死満塁とし、谷繁が中前へ先制の2点打。追い付かれた3回には井上の左前打で再び勝ち越した。

 川上は3回にセギノールの右前打と新庄の左犠飛で2点を失った。ここまで4四死球と荒れたが、中盤以降は好投。打線も8回にアレックスの二塁打で追加点を奪い、9回は岩瀬を投入して逃げ切った。 

(時事通信) – 10月21日

 3回裏、ひちょりの好返球が4点目を防いだ時は「まだ流れは日ハム側にある!」と期待してたんですがねえ…残念。でもまあ、シリーズは始まったばかり。まだまだこれからっすよ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です