岡田ジャパン、初陣0-0=チリからゴール奪えず-サッカー日本代表

 サイドを使わず、突破力の無いFW陣&ワンボランチに縦特攻仕掛けさせちゃ玉砕(大久保は「ピン」FWとしては悪くなかったけどさ)。

 まさに岡田サッカーの真骨頂って感じの試合でしたねえ(笑)。あと1月でどこまで修正できるか…うーん、チと不安。

 岡田武史監督が約10年ぶりに指揮を執るサッカーの日本代表は26日、東京・国立競技場でチリ代表と国際親善試合を行い、0-0で引き分けた。

 脳梗塞(こうそく)で倒れたイビチャ・オシム前監督を引き継いだ新生岡田ジャパンの初陣。ドイツ帰りのFW高原直泰(浦和)らが出場したが、日本はゴールを奪うことができなかった。 

(1月26日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です