山本太郎を「平成の田中正造」扱いするのは間違いじゃない件について

 田中正造は、足尾銅山事件を何度も国会で取り上げ、無視された挙句、議員を辞職して、妻とも別れ、後顧の憂いを消し去った上での覚悟の直訴。

 「だから、田中正造の行為は正しい」なんてことは全然ないわけで。踏める手順を踏まずに、偉い人へ自分の主張を直訴するのが英雄行為と言うなら、政治家の目の前でのテロリストの自爆も英雄行為だわな。

 法治国家は、その原則なり建前なりを破っちゃいけない。立法府の住民たる国会議員ならば、なおのこと。

 テロだよ。明治の世の田中正造の直訴も。平成の世の山本太郎のパフォーマンスも。法を守らなかった者は粛々と相応の罪に問え。その罪人が「法の外」でどう評価されるかは、その時点の大衆の民度と、後世の歴史家の見識の問題だ。

山本太郎議員、「皇室政治利用」で処分も=参院、1日に対応協議

 山本太郎参院議員が秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡したことに関し、政界からは31日、皇室の政治利用に相当するなどとして、山本議員への批判が相次いだ。山本議員の処分を求める声も上がっており、参院議院運営委員会は11月1日午前に理事会を開き、対応を協議する。

 山本議員の行動について、自民党の脇雅史参院幹事長は取材に対し「国会議員としてあるまじき行為で、相当の処分が必要だ」と強調。同党国対幹部も「絶対にやってはいけないことだ」と憤りを隠さなかった。公明党の石井啓一政調会長は衆院議員会館で記者団に「皇室の政治利用になりかねない問題だ」と指摘した。

 参院事務局によると、国会外での議員の言動を理由に懲罰動議が提出された例はないが、参院規則は「議院の体面を汚し」た場合も処分の対象としている。山本氏の問題を取り上げる議運理事会では、厳しい対応を求める意見が出る可能性がある。 

(10月31日 時事通信)

 それにしても、請願法違反の可能性云々、皇室の政治利用の是非云々以前に、山本太郎は本当に今回のパフォーマンスで、原発事故問題が進展すると思っていたのか?。明治の御世ならいざ知らず。むしろ、今回の事態を受けて、皇室の方々が原発事故に「言及出来なくなる」可能性の方が高いんだぜ?。

 そこらへん、もう少し想像力を働かすべきだったんじゃないのかい?。メロリンQも。メロリンQを踊らせている輩も。

 ここで「【ごっつええ東方MMD】河童の同朋」を紹介。


D

懐。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です