少年サンデー、マガジンがタッグ=コナン&金田一傑作選で合同増刊号

 個人的には、「かってに改蔵」と「さよなら絶望先生」のコラボとか、久米田康治vs畑健二郎の師弟対決が読めれば、あとはどーでもいいっす。

 コミック雑誌「週刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年マガジン」(講談社)が協力して、それぞれの人気連載である「名探偵コナン」と「金田一少年の事件簿」の傑作選を掲載する増刊号の刊行が27日までに決まった。

 両誌はともに1959年創刊のライバル誌で、来年50周年を迎えるための記念事業。異なる出版社が一つの雑誌を出すのは異例だが、低迷が続く少年漫画市場を盛り上げる狙いもあるようだ。

 増刊号は4月10日から半年間、月2回のペースで刊行する。その後は読者の反応を見て継続するかどうかを検討するという。 

(2月27日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です