小沢三選

 民主党・小沢一郎代表の無投票3選が正式決定。

 選挙に勝利するためならば、政権を獲得するためならば、政策論議圧殺も党内異論封殺も辞さないという、その全体主義な意気や「ある意味」良し。確かに、国を動かすのに独裁的政治手法が有効な時代があるのは歴史が証明しています。民主党が敢えてその道を歩むと言うのであれば、彼らと彼らの支持者に対して言うことは何もありません。ですが同時に、そんな歪な連中に国政を委ねるなんて選択は、歴史的に許されないことを、我々は忘れてはなりません。

 賢明なる有権者諸氏及び世論には、来るべき総選挙において、政権与党への失望を、そのまま某国家社会主義ドイツ労働者党の従兄弟の如き連中への盲目的支持に直結しないことを願うばかりです。

今日の一銘柄

  • 日本合成化学工業(4201):酢酸から出発、PVOH・EVOH樹脂で世界展開。光学、食品包装、接着剤など多様な用途。液晶テレビ向けの光学フィルム需要が堅調。コスト上昇分を価格転嫁で吸収。小笠原新社長の元、本当の勝負はこれからだ!。9/19終値は前日比16円高の330円。10月第2週中の目標株価370円。向こう半年間の目標株価650円。

 8/28-9/3に挙げた6銘柄(目標設定:9月第3週末)は対日経平均騰落比で1勝5敗。目標株価への到達の是非でも0勝6敗。前の週に続いて完敗。ボラがでかい銘柄を選んでいた分、目標株価はともかく全体のパフォーマンスで、リーマン・ショックの波を日経平均以上に受けてしまったことが敗因ですね。足元はまた復活しつつあるけど、傷は大きいなあ。今回の騒ぎで、企業の設備投資は来年後半までは決定的に後ろ倒しだろうし、このままじゃジリ貧。半分博打覚悟で、コンテンツ銘柄や一部内需銘柄に予想対象をシフトせにゃならんかも。

 ここで脈絡無く「ウィッチーズ VS なのはさん」を紹介。


D

第501統合戦闘航空団の飽和攻撃も足止めにしかならない「管理局の白いネウロイ」はのはさん(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です