女性側の「事件性」を問うべきな涌井問題な件について

 フライデーに写真が流出される前に、この水商売女+バックの彼氏orケツモチ●●●と涌井&西武側の間でどういうやり取りがあったかの方が、涌井の下半身事情より100倍重要だろ?。そっちの事情について、表のメディアはほとんど触れない気持ち悪さといったら…ホント、いやだねえ。今回球団が敢えて「表沙汰にしての謝罪会見」したのは、その気持ちの悪い背景を世間に察してもらうための、無言の圧力というか抵抗だよな。要は「てめえらに払う金はねえ!」ってことよ。

 そもそも、涌井は独身なんだから法に触れない限りは、どんな女遊びしようとどうでもいいこと。むしろ、その女遊びも含めた不摂生でブヨブヨになってる体の方が、スポーツ選手として責められるべきではないかと考える次第。球団が世間の好奇の目から自分を守り切ってくれなかった理由について、単に反社への抵抗ってだけじゃなく、自分の現状へのお灸という意味もあることを、自覚すべきだと思うんだ。涌井は。

涌井の女性問題で球団が「再発防止」…西武

 西武・飯田則昭球団専務(50)が19日、18日発売の写真週刊誌「FRIDAY」に涌井秀章投手(25)の女性問題が掲載された件についてナゴヤDで会見し、チームとして再発防止に努める方針を示した。同誌では福岡・中洲の高級クラブでホステスをしている24歳の女性が、涌井との交際の一部始終を赤裸々に告白している。

 18日に涌井から事情を聞いた飯田専務は「プロ野球選手はファンの皆様に注目を受け、模範となるような振る舞いをしなくてはならない立場。今回の件は重く受け止めている。今後こうしたことが起こらないように取り組んでいかなくてはならない」と話した。

 涌井は「今回の報道で、ファンの皆様や球団並びにチームメートにご心配をかけて、申し訳なく思っています」とのコメントを発表した。

(5月20日 スポーツ報知)

 それはそれとして、涌井を恐喝したこのホステスってマジ最悪な。この手の枕絡みで客のネタを外に流す、あるいは流す手引きをするとか、業界の仁義に背く行為。福岡の中洲は他の地域以上にヤクザついでに華僑マフィアの目が光ってるんで、ここで遊ぶ時は無闇に名刺を置くなと、少し前に地元の顔役に釘を刺されたことを思い出しましたよ。福博会でも新顔中国人でも誰でもいいけどさ、地元の不始末のケジメはちゃんと取らせろよ。じゃねーと、今以上に自分の首絞めることになるぞ。

 ここで「【MMD】 Tell Your 東方」を紹介。


D

おまけが本編なんて、あるわけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です