太陽表面でXクラスの巨大フレア発生 ~ 人類への影響がデリンジャー現象だけで済めばいいんだけどね

 どっかのB級SF映画だったら、地球は丸焦げになって、なぜかよその星の宇宙人が選ばれた一握りの人類を助けてくれる展開だろうけど、まあ、今回はフレアの方向が地球とは全然違ったし、そういうお話にはまずならない。

 むしろ心配なのは、1週間後、今回の巨大フレアの原因になった黒点群が地球と正対することが、ハッキリした事。大規模なデリンジャー現象の発生に乗じて、悪さする奴が出てくるんじゃないと妄想してしまう私は、「007」や「M:I」世代。すいません。

 関係ないけど、「どっかのB級SF映画」で思い出した。ニコラス・ケイジとポケモン掛け合わせた「ケイジモン」。こないだはじめて見たけど、誰やねん。アレ考えたの。

<太陽>巨大フレア…通常の100倍超 GPSなど障害も

 太陽表面で起こる爆発現象「太陽フレア」について、特に巨大な爆発が13~15日に計4回発生したと、情報通信研究機構が16日、発表した。通常の100倍以上の規模を持つ「Xクラス」という。引き続き発生する可能性があり、今後2週間程度は人工衛星や全地球測位システム(GPS)、漁業・航空無線に障害が出る恐れがあるとして、関係機関に注意を呼びかけた。

 太陽フレアは、太陽の黒点で発生する爆発で、強い紫外線やエックス線、電波などが宇宙空間に放射される。計4回の太陽フレアは、地球から見て太陽面の東端で発生し、航空無線が1~2時間通じなくなるなどの影響があったという。

 この黒点群の活動は活発で、太陽の自転とともに1週間後には地球の正面に移動してくる。その段階で、巨大フレアが発生すれば、地球の磁場が乱れ、さらに長時間にわたって通信が途切れるなどの障害が起こりうるという。一方で、オーロラの活動が活発化する。人体への影響はない。

 太陽活動は、約11年周期で活発になったり静かになったりしている。同機構は2008年1月ごろから活発になり始めた今回のサイクルのピークを迎えたと分析。昨年、Xクラスは7回発生した。【斎藤有香】

 【ことば】太陽フレア

 太陽の表面で爆発が起こった際に生じる短時間の明るい閃光(せんこう)。フレアは英語で「ゆらめく炎」を意味する。太陽表面より温度が低い黒点(約4000度)が集まった領域で起こる。規模はフレアが出すエックス線の強度によって、小さい順にA、B、C、M、Xに5分類されている。

(5月16日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です