大陸棚拡大認定 ~本当の戦いはこれからだ

 九州パラオ海嶺南部海域の認定勧告が先送りになったことについてではなく、この先、国際的にも物理的にも沖ノ鳥島を守りきらなけりゃ、全てがパーだということについて。「連中」はまだ諦めてねーぞ。油断は禁物。

 ともかく、今回の国連の認定を引き出すための努力をした関係者、特に麻生元総理と石原都知事には今更ながらに感謝だな。民主党政権は勧告先送り海域の再申請だけはやっとけよ。後は「新政権」がキッチリやるから、せめて邪魔だけはするな。

沖ノ鳥島は「島」 大陸棚拡大認定 国連委が勧告

 200カイリを超えて海底資源の権益を主張できる大陸棚の拡大について、政府は27日、国連の大陸棚限界委員会が日本の国土面積の約8割に相当する計31万平方キロの拡大を認める勧告を採択したと発表した。日本が同委員会の勧告を受けるのは初めて。

 政府は、日本近海の海底にメタンハイドレートやレアメタルなどの海底資源の存在が確認されたことから、平成20年11月に7海域(計約74万平方キロ)で大陸棚の延伸を申請していた。

 延伸が認められたのは、沖ノ鳥島を起点とした「四国海盆海域」のほか「小笠原海台海域」「南硫黄島海域」「沖大東海嶺南方海域」の4海域。南鳥島や八丈島周辺の海域は陸続きになっていないと判断され、認められなかった。

 沖ノ鳥島をめぐっては、中国と韓国が「岩であり大陸棚は設定できない」と反発している。同委員会は、同島の北側に続く「四国海盆海域」の延伸を認めたことで、事実上、同島を「島」と認めた形だが、一方で同島の南に広がる「九州パラオ海嶺南部海域」の勧告は先送りとした。

 政府は認められなかった海域を再申請するか、勧告を受け入れるか判断する。

(4月28日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です