大分コンサル社長ら逮捕=親族名義で株購入-キヤノン工事脱税・東京地検

  • 大賀容疑者:冠婚葬祭をはじめ、一族ぐるみのお付き合い。ビジネス以外でも何かと便宜を図っていた近い間柄
  • 長田容疑者:出身地における遠い親せき筋

 そして、その連中を繋ぐ中心にいるのが、御手洗冨士夫氏@キヤノン会長。経団連会長の就任当初は、奥田・前会長とは違った彼の合理的思考に期待したこともありましたし、最近の派遣切りについての言動も理解できるものでした。

 ですので、この度、彼らのような連中の跋扈を許していたor跋扈させていたことがハッキリしたことは、かなり残念です。「聖域のある経営者は、非情な経営者の数倍有害」というのが神楽の持論なので特に。

 キヤノン工場建設をめぐる脱税事件で、大手ゼネコン「鹿島」から得た受注協力費などの法人所得計約9億7600万円を隠し、計約2億9200万円を脱税したとして、東京地検特捜部は10日、法人税法違反容疑で、コンサルタント会社「大光」(大分市)の社長大賀規久容疑者(65)ら7人を逮捕した。同容疑者は日本経団連会長の御手洗冨士夫キヤノン会長との親密な関係を利用し、同社発注工事での業者選定に影響力を持っていたとされる。

 隠した所得は大光などグループ3社で三十数億円に上るとみられており、親族名義でキヤノンなどの株券購入費に充てられたという。特捜部は、キヤノンのプロジェクト工事を舞台にして行われた大掛かりな脱税事件の全容解明を進める。

 このほか逮捕されたのは、大光役員だった元大分県議会議長の長田助勝容疑者(80)ら。9日に「浪速コンサルタント」(大阪市)代表難波英雄容疑者(61)ら5人が逮捕されており、逮捕者は12人となった。

 調べでは、大賀容疑者らは共謀し、大光の関連会社「ライトブラック」(大分市)の2006年5月期までの2年間の所得計約9億7600万円を隠し、計約2億9200万円を脱税した疑い。

(2月10日 時事通信)

3 件のコメント

  • >kwさんへ

    で、その「匠」を同じフロアに間借りさせているのが、某事件の時に武富士に警察情報をリークした疑いがある、警察官僚の天下り組織・日本シークレットサービスってのが凄いです。黒を通り越してブラックホールです。カリ城@ルパン三世風に言えば「ちょっかい出して、帰ってきた奴はいないとよ」な世界です。おっかないですねえ。おっかないから、もう寝ます。zzz…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です