土曜ワイド劇場@テレ朝「遺品の声を聴く男3」感想

  • 奥田瑛二は何を演っても奥田瑛二。だが、それがいい。
  • 佐藤めぐみの演技はいつまで経ってもバラエティ。だが、それがいい…のかなぁ?
  • とか言いつつ、「手順とか好きだな、警察!」は俺的にヒットだったけど。
  • とよた真帆はやっぱりでっかいな(縦に)。半海一晃と並ぶとテキメン。
  • 渡辺えりはやっぱりでっかいな(横に)。奥田瑛二と並ぶとバッチリ。
  • こっそり、志賀廣太郎。ビックリ。
  • さらっと、山田吾一。なんと!
  • 可哀想な善人役の前田倫良の役名は「水原勇樹」。これはまだいい。
  • 犯人役の五代高之の役名は「村田修一」。誰だよ。野球ヲタかベイファン(間違っても巨人ファンではなかろう(^^;)のスタッフは(笑)。
  • 冨家規政の2時間ドラマ死亡率の高さは異常。
  • 今回は監督:倉貫健二郎、脚本:森下直。派手さは無いけどしっかりと筋の通った作りで、個人的には◎な評価。2本の樹をはじめとする重要なシーンの切り替えやタメも良し。パンの品質&納入量や、何故かパン屋で働いているDQNなど、布石も「なるほど」だったしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です