土曜ワイド劇場@テレ朝「西村京太郎トラベルミステリー57」感想

  • 高橋英樹と愛川欽也はいつも通りひねりの無い直感人情路線。だが、それがいい。
  • 森本レオはここ最近、回を重ねるたびに若返っている気がする。だが、それがいい…のかなぁ?
  • 浅見光彦中村俊介は他局でも女運が無かったでござる。
  • 犯人役の上原美佐。女優としての演技力は二流。作中の役柄としての演技力は一流。作中での暗殺能力は超一流。
  • 雛形あきこの耐えられない影の薄さ。
  • とりあえず言っとく。「家政婦はミタ」。
  • 賀集利樹がイケメン共犯兼タラシ弁護士として登場。かつての仮面ライダーが悪役かあ…。
  • その元アギトにコマされて片棒担がされたメガネっ子秘書・亜矢乃。俺的には彼女が今回のヒロイン。異論は認める。
  • 今回は監督:村川透、脚本:森宮栄。内容のレベルは…まあ、こんなものかな。時に、キンキンは今回がラスト亀さんって本当?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です