園遊会手紙直訴事件で山本太郎が議員辞職する必要は無い件について

 今辞職されたら、また勘違いした連中がメロリンQを「英雄」に仕立て上げるだろ?。彼にはこれからの6年間近くを、無為に過ごしてもらい、次の改選時にキッチリ民意に沿って落選してもらえば、それでいい。

 え?議員報酬の無駄遣い?。いやー、私もそう思ってたんだけどさ、今回の騒動で、田中龍作とか宋文洲とかいった連中が盛大に釣れたじゃん。必要な時に勘違い連中を釣る用の餌として、メロリンQの一人位飼っておいてもいいかな?と思うのよ。

母ちゃんごめん普通に生きられなくて

母ちゃんごめん普通に生きられなくて

 昨日Xデイだったはずの、「黒子のバスケ」事件の「犯人s」も、その意味から言えば役に立ったよな。最初の1通のイカレポンチな脅迫から、今回は何故か全国一斉に500通。この「脅迫試験紙」に反応したのが送付先の半分で、そのうち何社かは実際に脅迫に屈した。

 凄いよね。一番はじめに、「危険人物」のイメージを世間に刷り込んでおくと、こんな簡単に釣りたい奴を釣ったり、集めたいリアクションやデータを集められるんだぜ。ビッグデータ屋さんもビックリだ。

 もちろん、山本太郎と違って「黒バス」犯の方には、そろそろ表舞台に登場経由で、リアル退場してもらわんと困るけどな。「お前らは、少しやり過ぎた」。特に「黒子のバスケ脅迫事件の犯人一味の怪人801面相」のほう。

山本太郎氏、議員辞職の考えはないと改めて表明

 参院議院運営委員会は5日、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡した山本太郎参院議員(無所属、当選1回)について、改めて岩城光英委員長らが、山本氏から今後の対応を聴取した。

 山本氏は、自らの行動について「天皇の政治利用には当たらない」との認識を示し、議員辞職する考えのないことを改めて表明した。

 これに先立ち、同日行われた議運委理事会では、山本氏に対し出処進退を含めて見解をただすべきだとの意見が出ていた。議運委は今後、改めて理事会を開き、対応を協議する。

(11月5日 読売新聞)

 個人的には、メロリンQの暴走よりアントニオ猪木の訪朝強行の方が、国会議員として問題だと思うんだが、世間は華麗過ぎるほど華麗にスルーしてるよなあ。いいのか?w

 ここで「【東方MMD】魔理アリでホクトのCM【モーション配布】」を紹介。


D

18菌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です