喜多嶋舞と大沢樹生と週刊女性がゲス過ぎる件について

大沢と妊娠するようなSEXをしておきながら、その間も浮気を続け、他の男の子を孕んだ挙句にデキ婚迫って、別れたら旦那に押し付けて、それが暴露したら、自分の母親に親権をパスするメス豚女。喜多嶋舞。

 デキ婚だからかどうかは知らんが、日本刀を突き付けるとか、DV男の代名詞になるような非道を行い、股の緩い喜多嶋舞と別れて息子を引き取ったはいいものの、「自分と似てない」とDNA検査を受けさせ、自分の種じゃないと分かったら、アッサリ親権を手放した鬼畜男。大沢樹生。

そして、飯の種になるからと、「16歳息子の心情や事情なんぞ知らんわ!」とばかりに、この残酷話を記事にする畜生雑誌。週刊女性。

f:id:kagura-may:20131224195115j:image

「…お前らの血は何色だ?」

大沢樹生と長男、DNA検査で「父性確率0%」 喜多嶋舞との間の子 「週刊女性」報じる

元光GENJIで俳優の大沢樹生(44)と、前妻で女優の喜多嶋舞(41)との間に生まれた16歳の一人息子が、実は大沢の実子ではなかったと、24日発売の女性誌「週刊女性」が報じた。

大沢と喜多嶋は1996年にでき婚し、2005年に離婚。大沢が長男を育ててきたが、性格や体形などが似ておらず、今年2月にDNA検査を受け、「父性確率0%」だった。

その後、ひとまず親権は喜多嶋側へ。長男は現在、喜多嶋の母で元女優、内藤洋子さん(63)が親権を持ち、米ロサンゼルスに住んでいるという。

(12月24日 夕刊フジ)

もう、オモテに出ちゃったから手遅れではあるけど、コレはオモテに出していいネタじゃないだろ。誰だよ。ネタを週刊女性に、魂を悪魔に売った馬鹿は。

ここで「【MMD】さとり様早着替え【コス特集】」を紹介。


D

進撃のMMD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。