台湾、ダライ・ラマにビザ発給拒否 ~ 「中国への配慮を優先」=「台湾政界の現状の発露」

 過日、韓国もダライ・ラマを入国させなかったが、これをやっちゃあ、もはや一人前の主権国家とは言えない。根っからの歪な事大主義な韓国はともかく、台湾の国民は今の媚中・馬英九政権についてどう思ってるんだろうなあ。やっぱ、カネと軍の力には勝てないのか?。だとしたら、少し悲しい。他人事じゃないし。

ダライ・ラマにビザ拒否=中国に配慮か―台湾

 【台北時事】台湾のNGOが12月に台北で主催する国際会議にチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世を招請したところ、台湾当局からビザの発給を拒否され、出席できなくなったことが23日、分かった。外交部(外務省)は拒否の理由を「時機が適当ではないため」と説明している。対中融和を進める馬英九政権が中国に配慮した結果とみられる。 

(11月23日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です