北朝鮮が、発射寸前だった長距離弾道ミサイル解体の兆候 ~ 本当に技術的問題発生のためなのか?

北朝鮮、技術的問題発生で長距離弾道ミサイル発射延期か ~ そもそも「技術的問題ゼロ」なミサイルを飛ばしたことがあったっけ?。北朝鮮って。(2012/12/9) 

 こないだ更迭された北朝鮮の前軍総参謀長・李英鎬が、「ロケットに核兵器を取り付ければ米本土まで飛ばせる」って言っちゃってたのがバレたばっかりだからなあ。「このまま無かったことにしちゃえ」という政治的判断があったとしてもおかしくない。

 どっちにしても、予定通りのミサイル発射が出来なかった以上、打ち上げ責任者は銃殺か強制収容所送りなんだろうな。可哀想に。

北朝鮮 ミサイル解体の兆候=欠陥修理のためか

 【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が北西部・東倉里のミサイル発射台に設置されている事実上の長距離ミサイルを解体する作業を進めていることが11日、分かった。

 韓国政府消息筋は「ロケットの一部を解体する兆候が捉えられた」と伝えた。その上で、「発射準備で見つかった技術的な問題を解決するためか、発射中止を念頭に置いたものかは分析中だ」と説明した。

 別の消息筋は「発射台に取り付けたまま、技術的な欠陥を解決できるものではないようだ」と述べ、修理のため解体作業を進めていることを示唆した。政府消息筋は「大きな意味はない。ミサイルを発射台から取り外すことと発射は関係ないようだ」と述べた。

 北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会は10日に報道官談話を発表し、運搬ロケットに技術的な欠陥が見つかったとして、10~22日と予告した発射期間を29日まで延長するとした。 

(12月11日 聯合ニュース)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です