北京の日本大使館武官、風俗店で摘発され事情聴取受ける

 中国ではハニートラップに気をつけろ!…なのは今更言うことじゃないですが、でも独身の男性赴任者サンたちは、どうやって現地で性欲処理してるんだろー?。まさか軍艦のように…ウホッ?

 北京の日本大使館に勤務する駐在武官が1月初め、風俗関係のマッサージ店に入店したところ、中国公安当局の摘発を受け、事情聴取を受けていたことが9日、明らかになった。聴取は同じ日に終わったという。

 関係筋によると、北京の日本大使館は近年、身辺に気を付けるよう、職員らに風俗関係の店舗への出入りを禁じていた。駐在武官は外務省に対し、入店したことは認めたものの、「いかがわしい行為は一切していない」と説明しているという。中国では、在上海総領事館の男性館員が2004年5月、中国人男性から女性関係を問題視され、機密情報などの提供を強要されたとの遺書を残して自殺した事件が起きている。

(1月10日 読売新聞)

 下半身ネタでもう一つ。ぶっちゃけ中身はどーでもいいんですが、サブタイに禿しくワロタので。

「はい、ホテル入って」…路上教習中、女子高生にわいせつ行為

 路上教習中に生徒に指示してホテルまで運転させ、わいせつな行為をしたとして、神奈川県警保土ケ谷署などは10日、強制わいせつの疑いで「大塚ドライビングスクール」(横浜市旭区)経営、亀井貫八郎容疑者(62)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。

 調べでは、亀井容疑者は昨年11月19日午後4時25分ごろ、教習所に通う高校3年の女子生徒(18)の路上教習で教官として同乗し、女子生徒に指示して横浜市保土ケ谷区のホテルに向かわせ、部屋に連れ込んで下半身を触るなどした疑い。

 女子生徒はホテルの駐車場で亀井容疑者に「早く来い」と怒鳴られて部屋まで連れて行かれたという。

 教習車には「仮免許練習中」のプレートはついていなかった上、教習所名なども書かれておらず、外見上は普通の車のようだったという。同署が余罪を追及している。

(1月10日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です