凱旋門賞出走のディープインパクトから禁止薬物

 日本中央競馬会(JRA)は19日、フランス競馬の凱旋門(がいせんもん)賞で3着に入ったディープインパクト=牡4歳、池江泰郎厩舎(きゅうしゃ)=からレース後の尿検査で、禁止薬物の気管支拡張剤イプラトロピウムが検出されたことを明らかにした。

 仏競馬統括団体のフランスギャロから連絡を受けたもの。

 イプラトロピウムは人間のぜんそく治療薬。仏競馬では禁止だが、国内では競馬法上の禁止薬物に指定されていない。JRAは、クラシック三冠など、過去の国内成績に影響はないとし、今後の出走の制限もないとしている。

 遠征には日本の獣医師も一時は帯同したが、JRAでは「治療の報告はない」と話し、現地獣医師の薬物使用については「コメント出来ない」とした。JRAは「フランスで制裁が科された場合、国際ルールに従い(調教師や馬主への)制裁を相互適用する」としている。

(読売新聞) – 10月19日

 晩節を汚したなあ。ディープインパクト本人(本馬?)には罪の無いことだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です