内藤、4度目の防衛=山口に11回TKO勝ち

 実力&実績共に内藤の方が数枚上手なのは明白な試合だったので、「内藤の勝利」という結果自体は特に驚くことは無いんですが、山口…最後は根性だけで立っているような状態だったけど、体大丈夫か?。

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は23日、東京・両国国技館で行われ、チャンピオンの内藤大助(34)=宮田=が挑戦者で同級13位の山口真吾(29)=渡嘉敷=を11回1分11秒TKOで下し4度目の防衛に成功した。内藤は自身の持つ日本ジム所属選手の最年長防衛記録を、34歳3カ月に伸ばした。山口は通算3度目の世界挑戦に失敗。

 内藤は序盤から左右のフックを的確に当てポイントを奪った。身長、リーチで劣る山口も果敢に前へ出て打ち合った。11回、内藤が右ストレートを顔面に当ててダウンを奪い、連打で追い詰めたところでレフェリーが試合を止めた。

 内藤の戦績は34勝(22KO)2敗3分け。山口は23勝(9KO)6敗2分け。日本のジム所属の現役世界王者は7人。 

(12月23日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です