伊藤ハム前社長「辞任は不本意」、兄の会長と対立か

 業績不振の責任を取り、19日付で社長を退任した伊藤ハムの伊藤正視取締役(64)が20日、都内で記者会見を開き、「業績の急回復が見込まれる中での辞任は誠に不本意で、じくじたる思い」と強い不満を表した。

 退任の背景には、実兄の伊藤研一会長との対立があるとみられ、“お家騒動”に発展する可能性も出てきた。

 同社は2006年3月期連結決算で、83億円の税引き後赤字に転落したのに伴い、取締役専務執行役員だった河西力氏が創業家以外で初の社長に就任した。関係者によると、社長交代には、大株主の伊藤会長の意向が強く働いたという。

 伊藤取締役は、20年以上社長を務めた伊藤会長の後を継ぎ、02年10月に社長就任した。

(読売新聞) – 5月21日

 これ自体は特段珍しくも無いお家騒動ですが、伊藤正視・前社長のボンボンがやっている3Dコンテンツ・ソリューション制作企業:YAPPAがこれからどうなるのかには、ちょっと興味があります。伊藤・前社長は、ボンボンの自己実現のために、自身&伊藤ハムのネットワーク(コネ)を使って営業代行してあげるやら、金集めその他上げ膳据え膳の世話をやいてあげるやら、奥方共々ボンボン周辺・社内外へ睨みをきかせる(苦笑)やら、色々とバックアップしてましたが、さて、権力と肩書きと顧客への発言力を失ってなお、それを続けられるでしょうか?

 ちなみに、YAPPAはIPO目指して数字「作り」やってる最中ですが、まあこういうご時勢ですからIPOはできるでしょう。その後どうなるかは知らないけど。とりあえずアレだ。投資は自己責任でヨロシク。あと、

YAPPA 十七歳

YAPPA 十七歳

 これを読んだ上で、このボンボンを人として信用できる人がいたらお会いしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です